ポスティング 神奈川 | ポスティングの事ならASU

神奈川県のポスティングのご相談はASUへ

TEL.046-236-6341

〒243-0433 神奈川県海老名市河原口5-4-20-1F

ブログ

すっかり秋。冬手前感満載。

 朝晩の冷え込みが身に堪えます。我が家の猫たちも日中は微動だにせず日向ぼっこに没頭してます。毎日毎日食って寝て、食って寝て。幸せな猫たちだなまったく。飼い主は朝から晩までポスティング。ブッ通しで歩きっぱなしで、弟子入り後に昼ご飯食べた日なんて初日のみ。あー、猫の手借りてぇ笑。ま、引越センター時代からずっと1日1食が基本スタイルなので、食べなくても動ける身体になっているのが救いです。燃費が悪い人がポスティングしたら悲惨なことになりますね。毎日赤字でポスティングでしょう。
 
 
 ある程度食べなくても動ける私ですが、寒くなるとそうもいきません。引越なら食べて体温上げないとキツいです。ポスティングで言えば、昼過ぎまでは汗かきながらチラシがポイポイ流れるのですが、15時前後の急に気温が下がるタイミングでスピードダウンしてしまいます。重いチラシの束を持ちながら歩きっぱなしなので、全身の関節や骨が軋んできます。このタイミングも大体同じくらいなので、ダブルパンチ。引越は休憩の仕方や、作業のやり方でいくらでも巻き返しが効くのですが、ポスティングは巻き返しが効きません。一分一秒を惜しんでポスティングし続けないと終わらないのです。休憩したら休憩した分だけ遅くなります。
 
 
 何が言いたいかというと、暑くても寒くても、とりあえず終わるまでずっとポストにインし続けなければいけないんですね。冷え込むここ数日で、改めて先輩スタッフはタフだなと感心した次第であります。
 
 
 明日はClient Smileのスタッフとして渋谷で引越してきます!Client Smile設立後、初の見積もりで決まったデカイ引越です。責任者なので、最後まで満足だらけの記憶に残る引越を提供してきます!5時起きっすね!頑張ってきます!
 
 
 image1-2
 
 こちら、ポスティング中に仲良くなったキキ君。飼い主さん、近所の奥様会に行く途中で、渡した宅配イタリアンのチラシをバッグにしまって出発してました。反響出てたら嬉しいな!!!

気持ちの良い秋晴れでした。良い日和です。

 今日は雲ひとつない空模様でした。まさに快晴!10月も終盤ですが汗ばむ陽気です。曇りだろうと快晴だろうとポスティング。雨が降ろうが槍が降ろうがポスティング。個人差はあると思いますが、僕は快晴のもとでのポスティングが好みです笑。今までが現場一筋なので、やっぱり雨より晴れの方がテンション上がります!プロとしてはダメなのかもしれませんが、やはり気持ち良く仕事をすると、そうではない時よりもはかどります。本当のプロはいつでも気持ち良く仕事をできるのかもしれませんが、自分はなかなかうまくいきません。修行が足りませんね。
 
 
 以前書きましたが私の趣味は釣りとお酒と空手です。外で楽しむのは釣りとギリギリお酒かと思いますが、雨が降っていても釣りは楽しいですしお酒も楽しいです。よくよく考えてみると、前職の引越も雨でも気持ち良く、というより気合いが入りました。自分でも驚いていますが、本当に引越が好きなんだと思います。何かのビジネス書に書いてあった「1万時間の法則」なのかもしれません。引越という職業の色々な要点、要素が自分にピッタリだったのもあります。
 
 
 あえての表現ですが、好きになれないし楽しめないポスティングと好きで楽しめた引越は何が一番違うのか。ふとした時に最近これをよく考えてしまいます。何となく思ったのが、基本的に孤独に弱い。これが原因であり、自分の致命傷と言えるでしょう。
 
 
 引越は入社前のアルバイト時代から、あのチームに負けたくない!とか、自分が責任者になったらどのチームよりも早くてどのチームよりもお客さんに満足してもらう!とかがありました。立ち位置が中堅になってくると、もっと支社をこうしたい、現場みんなでこうしよう、といった感じで、現場みんなで目標を作り、なおかつそれが明確で行動に移していました。さらに言うなら、どれほど優れた作業員でも、引越は一人でするには限界があります。非凡な作業員一人よりも、凡人作業員3人の方が、間違いなく作業の幅が広がります。極端に言うと、3人いれば何でもできます。経験上、私の中で仕事は協力が全てなのです。言い換えれば、誰かと一緒に遂行して成し遂げるものなのです。
 
 
   第一に、人生の選択肢を多くするため。
   第二に、お世話になった人たちに恩返しするため。
 
 
 この2つの目的のために社長に弟子入りさせていただいて、ポスティングの現場を知りましょう、経験値を増やしましょう、どんなことでも人並み以上に出来るようになりましょう、PCは最低限使えるようになりましょう、今はこんな感じの勉強をさせてもらってます。しかし真意は、長年社員という立場で保護されて生きてきた私の「意識改革」なのでしょう。目的を成し遂げる第一歩であり経営者への第一歩が「孤独に強くなれ」ということなのかもしれません。
 
 
 ちなみに本日971枚。1000枚いきませんでしたが、いつもより1時間早い帰社でした。
 ポスティングは毎日こんな天気がいいな!!
 s__68911106

痛い@血の味@あっという間の時間@やっぱり引越ネタか、、。

 親不知を2本同時に抜歯して2日が過ぎました。通常時の痛みは、ある程度なくなりました。不意にあくびをしたり、鼻をかむために大きく息を吸ったりすると痛いです。一歩間違えると出血大サービス。まるで要らないサービスです。でも今日は月曜日。晴れてます。ええ。ポスティング日和です!!!
 
 
 やってきましたよ!!!汗かいて!!!運動しちゃダメなのに、、、。でも仕事だからしゃあない。いつもひたすら朝から晩まで小走りです。長距離走的な感じで、唾が濃い感じになって、まるで血のような味がしてきます。この感じは誰しも経験があるのではないでしょうか。でも今日は本当に血が出てました。吐いた赤い血の唾に自分でドン引きしました。でも、血の唾吐いてもポスティングしてるんだなー、なんて考えてやっていたら「やってる感」がいつもより出て変にテンションが高かったです笑。そのせいか時間が経つのも早かった。あっという間に13時です。
 
 
 ポスティングスタッフからしてみれば、13時くらいになるとその日に配れる枚数が見えてきます。今朝渡され持ち出したのは1300枚を4種類。配布エリアは毎朝指示されるのですが、そのエリアの配布できる枚数と渡される枚数が一致していることは、まずありません。配布できる枚数を教えられることもありません。多かったり少なかったりするチラシに惑わされずに、きちんと漏れなくポスティングしているかどうかを管理されています。今日は13時で550枚くらいでした。一回車に戻ってチラシを補充したり、エリアが広いと車を移動させたりしないといけないので、1300枚を配り切るとなると、結構厳しい状況です。
 
 
 内心ヤバイヤバイと焦りましたが、こういう時は体育会系引越センターの新人時代に「焦るのと急ぐのは違う」と何度も指導されたことを思い出します。焦った結果、良い風に歯車が回ることもありましたが、それは稀です。基本、何かしらの手順を抜かしたり二度手間を踏んだりして遅くなるし、何よりお客様に満足していただけない状況になってしまいます。良い緊張感で急ぐと、良い引越になります。仮に次の便の引越があったとしたら、早く到着できるので、さらに喜んでくれるお客様が増えます。このことは何回も失敗と成功を繰り返して身体で覚えたので、絶対忘れないし、はやる気持ちや焦った心を整えてくれる、掛け替えの無い経験です。
 
 
 手持ちのチラシが切れたので補充に戻ります。戻る時間も無駄にせず地図をひたすら見て、効率の良い回り方を考えます。これだ!と思う左回りクルクルをしてなんとか1100枚配りました。あと小さい3区画をクルクルすればエリア完了だったのですが、時間を考えると帰社しなければなりません。焦っていたら900枚で終わっていたでしょう。今日も間違いなく、クルクル回った所は1件も漏れていませんし、折れてもいません!ポストに綺麗に入ってるチラシを見たら、クライアント様も納得の投函具合だと思います!笑。もちろん、もっと短縮できる時間はあったので、エリア完了できなかったことは反省です。
 
 
s__68288523
 
 
 こういうのを目にすると、反響出たな!よっしゃ!って、ちょっとガッツポーズ笑。
 明日も宜しくお願いします!押忍!

親不知抜歯、、、

  本日たった今、親不知2本同時に抜歯してきました。果てしなくテンション下がりますね。というか今こうしてパソコンに向かっているだけで、ものすごいジンジンとした痛みと不快感に打ちひしがれています。方や、社長は今頃バリの神様こと、大富豪「兄貴」に再会して、楽しいひと時を過ごしていることでしょう。私とは対極に果てしなくテンションが上がっているのでしょうね。
 
 
  右上の親不知は比較的簡単に抜けました。麻酔をこれでもかと注射され、麻酔が効いてきたら、親不知の側面からゴリンと押されて、ポロリと抜けました。永久歯の抜歯は初めての経験でドキドキしていましたが、結構簡単に抜けてしまったので拍子抜け。楽勝じゃん!!、、、、はい、馬鹿でした。
 
 
  右下の親不知。横向きに生えていて、ほんのちょっと頭を出している感じ。さらに1つ前の歯に接触しています。始まりは一緒です。麻酔を大量にぶち込まれました。しかしここからさっきと違う!!!痺れてきたら歯茎をメスで開かれ、さらに顎の骨を削られます。1つ前の歯に干渉している部分を切り取られ、ゴリゴリ、ゴリゴリ、、、やっと抜けました。結構大きく切り開いたらしく、縫合もしました。来週糸を抜きます。
 
 
  大好きな大好きなビール飲めません。大好きな大好きな長風呂もできません。何のやる気も起きません。というより何より痛い。アーーーーーーー、バリ行きてぇ。兄貴にプロポーズの計画相談してぇ。
 
 
  もうダメだ。痛み止めと抗生物質飲んで寝る。明日がポスティングじゃなくて本当に良かった。明後日には何とか回復したい。
s__68362242
 
 
  これ書くのに5時間かかった、、、押忍。

18日、お休み頂いて釣りをしてきました!

  私の趣味は釣り、空手、お酒の3つです。中でも釣りはお祖父ちゃんから3歳の頃より英才教育を施されてきました。最初はニジマスを餌で釣る釣り堀からスタートしました。親父も釣り好きで、幼き頃の私をダシにして、お袋に釣りに行く許可を得ていたのを覚えています。私はその頃から徐々にステップアップして、プラスティックや金属などでできた疑似餌を使うルアーフィッシングや、鳥や動物の毛でできた疑似餌(毛針)を使うフライフィッシングにのめり込んでいきました。
 
 
  色々な釣り方がありますが、ルアーフィッシングが一番好きな釣りです。細分化していくとイカを釣るエギング、鯛を釣るタイラバ、金属製のルアー(メタルジグ)を使って様々なフィッシュイーターを釣るジギングなど、非常に種類が豊富です。すべて疑似餌を使うというところが共通項です。ロッドとリール、ライン、ルアーがあれば、とりあえずいつでも何かしら釣りに行ける手軽さがいいところです。また、本物の餌を使わないので、釣り人のテクニックによって釣果に大きな差が出るところが奥深いところです。
 
 
  高校までは海無し県の栃木に住んでいましたので、渓流に住む淡水魚がメインターゲットでした。主にイワナやヤマメです。野池やダム湖のブラックバスも最高に面白いターゲットの1つでした。大学進学で神奈川県に出てきたのが大きな転機です。海のルアーフィッシングにハマってしまいました。
 
 
  朝日輝く大海原に初めての出船。
深い青い相模湾、白く長い大磯ロングビーチ。
ビーチに沿って続く防風林の緑が映えます。
さらに後ろには富士山が白い雲を纏いながら威風堂々な佇まい。
そして翔ぶマグロ!!!
翔ぶ!!!
マグロ!!!
 
 
  最高やないかーーーーーい!最高やないかーーーーーい!最高やないかーーーーーい!
 
 
  一ヶ月に一回は海に出ないと病気になります。ある意味これも病気ですね笑。しかし間違いなく海の上ではフラットな気持ちを取り戻している気がしてます。私の大切なルーティーンです。
 
 
  森田社長は「好きなことでお金を稼ぎなよ!」と軽く言います。さらには「釣りでお金を稼ぐシステムを考えます。もっと釣りに行ってください」とまで言われました。こんなこと言うと怒られそうですが、つくづく面白い人です笑。でも冗談抜きで釣りでお金を稼げるのなら、今の仕事をもっと効率的に終わるようにして毎週行きます!!!
 
 
  ちなみに今回釣りに行ったのは沼津の木負(キショウ)湾です。エンジンボートをレンタルして4人で行ってきました。全員20歳以上歳上です。釣りは年齢や性別を問題にしない趣味なので、こういった普通では考えられない出会いと繋がりを提供してくれるところも、最大の魅力の1つであると言えるでしょう。
 
s__68296709s__68296708s__68296706
全部じゃないですが、こんな感じのモノが釣れました。
先輩方、来月もよろしくお願いしますね!
 
 
  よーし!また仕事頑張るぞい!社長、お休みありがとうございました!押忍!

10月17日月曜日、1000枚突破は今日も続いた。スタートに立てた?まだか?

  本日は緑区橋本3丁目でポスティングでした。生憎の雨でしたが元気にポスティングしてきました!雨の日は配布エリアが集合住宅が多めのエリアになることがあります。社長の配布員への気配りと、配布物への気配りです。緑区橋本3丁目も類にもれず駅近でマンションが多いエリアになります。移動距離が短く件数が多いので、今日に限っては手捌きのスピードがそのまま配布スピードと言ってもいい条件です。前回の大野台で一気にスキルアップした感のある私は、今日もその時と同じ感覚でチラシを捌けたので、やっとスタートラインに立てたと思います。

  昼前には雨も上がり、マンション以外の戸建て物件やアパートにポスティンングする際も、傘を差さずに出来たので、かなり良いペースで配布できました。しかし、マンションにありがちなのが「断りなくチラシ類の投函を禁ず」といった類の注意書きです。とりあえず管理人さんが帰ってなければ、投函させていただきますと断りを入れたのですが、結果的に注意書きがあったマンションは5棟くらいあって、1棟しか許可が下りませんでした。

  最初からどんなチラシであれ投函禁止ならば「チラシの投函禁止」という風に注意書きをしてくれればいいのに、訳のわからない含みを持たせた注意書きのせいで、かなりの時間を無駄にしました。

  マンションが建った当初からチラシ投函禁止だった場合と、建った当初は投函して良くて、問題が起きたので投函禁止になったマンションがあると思いますが、その理由と改善策を考えてみました。

  まず1つ目はセキュリティー上の理由。一見で部外者とわかる者を敷地内に入れたくないのは当然です。ポスティングスタッフよりは郵便局員や佐川急便、ヤマト運輸の方たちの方が、住民サイドからは安心感があると思います。私は制服を着ているか着ていないかの差が大きいと思います。コストは間違いなく掛かりますが、ポスティングスタッフに制服と名刺を支給して、投函禁止のマンションであっても、そのエリアに行けば必ず管理人に挨拶に行かせるぐらいのことをやったら、改善の余地が生まれるのではないかと考えています。管理人さん側から安心して投函させることができるポスティング(会社)スタッフのみ投函しても良くなれば、間違いなくチラシに対するレスポンスが上がり、クライアント様にも喜んでいただけるはずです。

  2つ目はポストの見た目の問題。パンパンにチラシが入っているのに、さらに捻じ込んで入れた感のあるポスト。これは完全にポスティングスタッフが悪いと思います。一枚ポストに入れるたびにお給料になりますが、果たしてパンパンのポストの持ち主がグチャグチャのチラシを見るのかどうか。私は見ないと思います。ある程度チラシが入っているのなら、新たに入れるのを止める選択も必要なはずです。万が一そのポストがクライアント様のポストで、配布完了報告をしたのにもかかわらずチラシが入ってなかったと言われる場合があると思います。しかし、契約の時点でチラシが多く入っているポストには投函しないことを書面に一文入れれば解決ですし、スタッフ自身も説明を求められた時にちゃんと説明できるように、投函していない物件を一定期間記録しておくくらいのことは必要だと思います。これを続けると集合ポスト周辺に捨てられたチラシゴミの問題もなくなるはずです。

  以上のようなことを考えながらポスティングをしていましたが、約1100枚の配布になりました笑。
ポスティングはやはり晴れている方が良いですね〜〜〜😊s__67567619

ついに越えた1000枚の壁。ほんの少し褒められた。

  押忍。相模原市南区大野台5丁目で、定時1000枚オーバーを何とか達成することができました。グリーンパークという集合住宅では1575枚でしたが、定時を大幅にオーバーしての達成であり、社長が配布すると半日で終わるという場所なので、かなりしょっぱいです。一度に4種類くらいのチラシを配るので、単純に1000枚というわけではないのですが、とりあえず1000枚の壁というのはあるらしく、海老名本社のスーパーエースも同じ表現を用いていました。また、その壁を越えてこないとお話にならないよ、という感じでした笑。
  10月14日が、私の1000枚の壁突破記念日になったわけですが、明らかに自分でも成長した感覚が朝からありました。その感覚とは、チラシが指にちゃんと一枚ずつ着いてくる感じとチラシがポストに方手だけでスムーズに入る感覚です。以前、私はチラシ捌きのスピードよりも脚力が重要と考えていましたが、半分違いました。どっちも同じくらい大切でした。いくら配布するポストの前に速く移動しても、チラシを4枚一組にする手捌きが追いつかないと意味がありません。また、4枚一組が出来ているのに配布するポストまで到着してないと意味がありません。手捌きに合わせて移動スピードを変えていくことが、スムーズかつより多くの配布枚数を出すことに大きく関係しています。
  社長の驚異的な集合住宅での配布スピードは、ポストも集合ポストなので、驚異的な手捌きによって生み出されるものと理解できました。私は他の配布員よりも基礎体力は優れているはずです。しかし、全く枚数を配れていなかったのは、間違いなく手捌きが遅いからだったからでしょう。課題は見えました。手捌きのスピードを上げることです!!!
  1000枚配って帰ったこの日は、社長がちょっとだけ成長を褒めてくれて嬉しかったです。現場も営業も管理も何もかも人並み以上に出来て当たり前にならなければ、経営者になったってすぐに潰れる会社しか作れない。常々、社長が仰る言葉です。だから、私は配布作業をバカにしません。ポスティングには何の免許も必要ありません。小学生でもできる仕事かもしれません。でも私は真剣に取り組みます。どんな作業でも人並み以上になることがいかに大切か知ったからです。
  s__67567618
  枚数ばかり意識しているわけではないですよ!こういうのは何階だろうと必ず登ってます!

                                   押忍!

千代田区で久しぶりの引越でした。

 10月15日、朝6時に寒川町の自宅にClient Smile(クライアント スマイル)の平野君が、トラックで迎えに来てくれました。
千代田区の生命保険や医療保険を扱っている会社がお客様でした。
現場に向かう前に後日予約を頂いているお客様のところへ、段ボールの配達に向かいます。
渋谷区東のデッカいビルの一階部分の事務所移転になります。
一般家庭の引越も大好きですが、事務所移転や米軍基地内の施設移転など、ちょっと変わった引越も大好きです。

 本日のClient Smileは、千代田区と静岡県富士市の2つで事務所移転がありました。
とても嬉しいことです。
小さい会社ながら、大きい事務所移転を問題なくこなす技術と経験は全国屈指を自負しています。
簡単に説明すると、体育会系引越センターの先輩2人と同期1人が始めた会社です。
体育会系引越センターの全国に150以上ある支社の中で、利益1位を何回も達成している支社の班長を勤めた方が代表を務めています。
その人は面倒見が良く、私の第二の親父のような存在でもあります。
不用品の回収や遺品整理、生前整理、草むしり、ちょっとした大工仕事なんかもやっています。
どんな現場であろうと見積もりから作業、アフターサービス・メンテナンスまで、同一人物が責任者として動きます。
作業中から完了後まで、必ずお客様を笑顔にする会社です!
Client smileをよろしくお願いしますね!

 同一人物が責任者をするので、見積もりをした私が作業責任者として引越をさせていただいた次第です。
弟子入り中なのに、ここら辺を尊重してくれる森田社長には本当に感謝しています。
何でもできなきゃダメ!というのが社長の口癖なのですが、本当に何でもやらせて頂けるのでビックリです笑。

s__40181766_0

  ここが移転先の廊下。
トラックから家財の設置位置までの距離がありエレベーターを使う引越なので、部屋で家財をセッティングする人と、トラックから家財を流してくる人の意思疎通がうまくいかないと、スムーズに引越出来ません。
Client Smileのスタッフは部屋作業もトラック作業も全部抜群にできるので、最初の打ち合わせで、お互いにどんなタイミングで何の家財をどこらへんにセッティングした方が良いか理解しています。
この日はさらにネット回線の作業とパーテーションのセッティングと引越の同時進行でしたが、しっかり満足して頂けました。

 おかげさまで、近いうちにこの日のお客様である会社の社員様の個人的な引越もお願いされました。
その時はまた私が見積もりと作業、しっかりやらせていただきます!

 大好きな引越に打ち込めて、とても幸せな1日でした。
ありがとうございました!

                                押忍

お久しぶりです!弟子復活!元気!元気!でも悪いこと続く、、、。

 週末になると体のどこかが悪くなります。
先々週は高熱で寝込む。
先週は上の右奥の親不知付近の継続的な痛み。
不細工な顔がさらに不細工に腫れ上がり、痛みで寝不足。
昨日までの実質5日間で、いったい何粒のロキソニンを飲んだことでしょう。
胃が荒れてます。
急な弟子入りで保険証も取得しておらず、昨日寒川町役場に行って取得してきました。
その足で歯医者へGO!
「なんで痛みが出てから来るんですか?」
「定期的に来てくれって言いましたよね?」
熱い先生で、いつも怒られます。
ごめんなさい先生😓

 本当はもう1日2日早く治療するはずでした。
しかし月曜日祝日で町役場休み。
火曜日は町役場に向かう道で、対向車が急にはみ出てきて、避けようとハンドルを切ったら左前輪を縁石にぶつけてバースト。
タイヤ交換したばかり。
しかも結構良いやつ。
ホイールもちょっと拘って履いた社外アルミ。
最低なことに、ホイールが歪んで使い物になりません。
知り合いの車屋に色々探してもらってますが、修理(交換)にいくら掛かるのやら。

 一念発起して森田社長に弟子入りしてから、空回りなのか今までがぬるま湯に浸かっていただけなのかわかりませんが、色々上手くいかないことが多い。
というよりも全部上手くいかない。
ある意味、今までやったことのないことばかりをやらせて頂いているので、上手くいかないということが上手くっているのかもしれない。
今現在、社長に指示していただいたことに、しっかり応えれたことがないかもしれない。
昼間の業務にしろ夜の課題にしろ、自分が思い描くものとは質も量もスピードもかけ離れている。
歯痒い毎日だ!!!!!!!!!!!
くそぅ!!!!!!!!!!

 若くして求めれば、老いて豊か。
ゲーテさんが言っている!
とりあえず諦めない。
明日も元気だけは出していこうかいのう!!!
よろしくお願いします!!!

                                              弟子

一撃必殺ファイターとコンビネーションファイター

 僕の知っている役員系の人は、みんな一万円をポンポン使います。
領収書をもらいまくります。
小銭なんてほぼ持ちません。
そういう姿を憧れた日もありました。

 森田社長は違います。
小銭を大切にします。切手も印紙も大切にします。
コピー用紙一枚にしても気をつかっています。
ケチなわけではありません。
何かの機会のゴハンやお酒は毎回ご馳走になってます。

 0,1円単位でビジネスを展開し、リピートしてくださるお客(クライアント)様と、健全な利率でお互いの利益のために長いお付き合いをさせていただく。

 職種はどうあれ、そういうビジネスの道を極めていく過程で、小銭を大切にする経営者。
言い換えれば、積み重ねを大切にする経営者になるのだと感じていますし、私もそうなりたいと強く思います。

                                              押忍