台風接近の予報。それて良かった!?

 台風が接近しているせいか、不安定な天気です。
クライアント様から預かっている大切な配布物を雨で濡らすわけにはいきません。
今日も一瞬でしたが傘をさしながらのポスティングでした。
雨降らないでほしいと、ASUコミュニケーションズの全員が思っているはずでした。

 違いました。

 ニュースはまるで見ないし聞かない社長。
しかし天気予報は小まめにチェックされています。
「うわー台風それちゃったよー」と社長。
学校を休みたい小学生じゃあるまいし、さすがに俺の頭は?連発。
答えは、社長は日々の激務で御乱心あそばされているのです、、、、、嘘です。
社長曰く、台風が直撃すると自然の偉大さを肌で感じられるのだそうです。
もっと違う自然の感じ方を探した方が良いんじゃないかと、心底思ったのですが、個々の感性の問題なので何も言いませんでした。W

    人間は本当にちっぽけな存在。
    人間がどう足掻こうが自然には絶対に勝てない。

主にこの2つが大事なことであると、おっしゃってます。

 
 大切なようでそこまで大切ではない話と、何の意味もない思いつきのようで本質的な話。
この2つの系統の話が本社社長室で聞けるのですが、どちら寄りの話なのか、自分の中で判断するのが難しいです。
多分ではあるのですが、全部本質的な話に繋がっているのかもしれません。
もっともっと自分の感性を磨かなければと痛感した、天気予報の一幕でした。w

押忍!